紅葉のメタセコイア並木鑑賞サイクリング

2018年11月11日(日)
 JR西明石駅から近江高島駅まで乗り換えなしの新快速で輪行。ここからマキノ町までサイクリング。行きはメタセコピア並木が混雑しないうちに到着しようと主に県道304号線→333号線→54号線で北上して知内川サイクリングロード経由でマキノのメタセコイア並木に到着。
 延長2.4kmにわたってメタセコイアが約500本植えられ、遠景となる野坂山地の山々とも調和している所である。しかし残念ながら黄金色の紅葉にはまだ少し早かった。11月下旬が見頃か。
 帰りは湖岸沿いに走行して近江高島駅まで。晴天で寒く無く、風も無かったので絶好のサイクリング日和であった。

 知内川(ちないがわ)サイクリングロードは両岸とも走行できるが右岸は路面が水色に塗装されメインとなっているようだ。左岸にはメタセコイア並木(一列だけ)があり、人出は無いので静かに鑑賞できる。
近江高島駅9:10出発、14:45帰着。 全走行距離約74Km(内64Kmは滋賀県にて) 平均時速19Km/H

休日のせいか交通量が少ない県道333号線→ 知内川サイクリングロード下流側入り口→
知内川サイクリングロードとメタセコイア並木→ まだ紅葉には早かった目的地のメタセコイア並木→
木津港辺りのさざ波サイクリングロード→ 立ち寄ったヴォーリズ通り(旧今津郵便局など)