兵庫県〜京都府 淀川(尼崎〜京都)サイクリング

2013年5月26日(日)
JR尼崎駅から京都の嵐山まで各自転車道をクロスバイク(タイヤを700x28C→23Cに変更後初めて)で走行。本日は快晴。気温は30℃まで上がる予報。

尼崎駅まで輪行し、駅北側から東に向かい、神崎橋を渡り、左に折れ、大豊橋のたもとで神崎川左岸の河川敷(なにわ自転車道)を遡行。そのまま終点まで道なり。
終点から100m程先で淀川の右岸に出て河川敷に降り、そのまま右岸を走行。広々とした自転車道である。しかし時々車止めが現れ、その度に自転車を降りなければならない。折角の自転車道が台無しである。

枚方大橋で淀川左岸に移り、しばらく土手を走った後、河川敷に移る。木津川、宇治川、桂川が合流する御幸橋(ごかうばし)のたもとでは桜で有名な背割堤(せわりつづみ)で日陰及びトイレもあり、多くのサイクリストが休憩している。橋を渡り、すぐに左折して桂川自転車道に入る。

11時頃には空腹となり、コースを外れ、すぐ東側にある国道1号線に移動し、昼食とする。暑さのため水をがぶ飲みする。

途中で鴨川の左岸を少し走行。久我橋で再び桂川に移り、左岸を走行。西大橋で右岸に移り、嵐山の渡月橋に到着。走行距離約60Kmである。

途中、桂離宮、その後、京都市内を観光、鈴虫寺、苔寺、東寺などを観光してからJRで帰路に就く。自転車による京都走行は今回で3回目となる。

このコースは淀川の車止めさえなければ平坦路で快適なコースである。日曜日とあって多くのサイクリストと出会う。殆どがロードバイクで私みたいにチンタラ走行する自転車は少ない。また暑さも厳しく、本日は自販機でコーラを3度飲する。

帰りの京都からのJR乗車時にたまたま琵琶湖一周帰りの若い女性の輪行者と一緒になり、自転車談義をする。

全走行距離100Km

なにわ自転車道(神崎川左岸) 神崎川終点
なにわ自転車道(神崎川左岸)→ 神崎川終点 この先に淀川右岸自転車道→
淀川右岸自転車道 淀川左岸自転車道
淀川右岸自転車道→ 淀川左岸自転車道→
淀川左岸自転車道 山崎付近(サントリー工場)
淀川左岸自転車道→ 山崎付近(サントリー工場)→
背割堤 御幸橋
御幸橋から見た桜で有名な背割堤 → 御幸橋 手前左側に休憩所 向こう岸で左折 桂川へ→
鴨川を渡る GSユアサ工場付近
鴨川を渡る→ GSユアサ工場付近左岸 → 
桂川右岸 渡月橋と愛車
桂川右岸→ 渡月橋と愛車