兵庫県 奥播磨かかしの里 鹿ヶ壺サイクリング 

2019年3月17日
 趣味の会のメンバー(12人)と姫路駅から安富町の鹿が壺までの往復サイクリング。
 朝から寒冷前線のために小雨交じりであったが出発を思案しているうちに雨が上がってきたので決行することになった。段々晴れてくる。街中を離れて夢前川左岸沿いに左に書写山、右に菜の花畑を見ながら走行してからヤマサ蒲鉾の工場で休憩を兼ねてかまぼこを試食する。
 前之庄西で左折してから中国自動車道沿いの県道23号線では3か所の峠越えのため多少のアップダウンがある。安志東で右折して県道430号線で林田川沿いに北上する。途中で400年以上前の古井家の千年屋を見学して鹿が壺までは緩やかな登りが続くが途中で小雨が降りだす。左右に色んな恰好をした案山子を眺めながら鹿ヶ壺に到着。鹿ヶ壺山荘で遅めの昼食をとり、帰りは安富ダムの左岸を走行し、帰路に就く。
 夢前川沿いと林田川沿いは車も少なく走りやすい。関地区は案山子の数が住民数より勝っている村である。

途中の道端に菜の花が満開→ ヤマサかまぼこの工場で休憩→
かかしの里 ここから案山子が出現し出す→ 古井家の千年屋→
一緒した皆さんと→ 途中に色々な案山子 大八車と自転車→
小雨の中、目的地の鹿ヶ壺に到着→ 北緯35度線通過地点