徳島県 椿泊サイクリング

2012年11月25日(日)、2013年4月16日
徳島県阿南市椿泊町は阿波水軍の根拠地であって、椿泊全域が水軍の統師森家の知行地。道幅2m〜2.5m程度を海岸沿いに走行。
蒲生田岬は椿泊の対岸にあり四国最東端の岬途中に「かもだ岬温泉」がある

 椿泊は阿波水軍の根拠地であって、椿泊全域が水軍の統師森家の知行地。

椿泊の街中の狭い路地を走行→ 古い町並み。窓際に手摺→
海と山に挟まれた僅かな平地に軽四が
やっと通れる程のかなり狭い道が街中を
縫うように走っている。
椿泊の先端→
太平洋を望む→
椿泊の遠景 椿湾
椿泊の遠景→ 椿泊と蒲生田に挟まれた湾 → 
モニュメント
モニュメント→ 四国最東端の蒲生田岬へは遊歩道で→ 
伊島
蒲生田岬からカダチノ鼻と舞子島のマツガシノ鼻→ 沖に伊島→
蒲生田岬へはアップダウンの繰り返しの道。
途中には高台に温泉がある。
灯台までは150段ほどの階段を登るか
少し楽な遊歩道を利用する。
途中の木々は北風のため
北から南へと傾いている。
  切り立った断崖と太平洋の海原